ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

農地の売買・贈与・貸借をしたい時には

[2014年10月25日]

ID:64

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

農地の売買、贈与、貸借には許可が必要です

農地を耕作目的で売買、贈与、貸借する場合は農地法第3条に基づく農業委員会の許可が必要です。この許可を受けずに売買等をして代金を支払ったとしても、所有権移転等の登記はできませんし、罰せられることもあります。なお、農地の貸借については、利用権設定(農業経営基盤強化促進法)に基づく方法もあります。

農地法第3条の主な許可基準

農地法第3条の許可は、以下の項目が主な基準となります。

  1. 今回の申請地を含め、所有する農地のすべてを耕作すること
  2. 申請者または世帯員等が年間150日以上農作業に従事すること
  3. 今回の申請地を含め、耕作する農地の合計面積が下限面積以上であること

関市における下限面積

  • 関地区50アール(5反)
  • 武儀地区30アール(3反)
  • 上之保地区20アール(2反)
  • 武芸川地区30アール(3反)
  • 洞戸地区20アール(2反)
  • 板取地区20アール(2反)

お問い合わせ

関市農業委員会事務局
電話: 0575-23-6765 ファックス: 0575-23-7741

組織内ジャンル

事務局農業委員会(北庁舎2階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?