ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

篠田桃紅のプロフィール

[2013年3月1日]

ID:105

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

プロフィール

篠田桃紅の顔写真

篠田桃紅は、1913年(大正2年)中国・大連に生まれました。東京で育ちますが、父親、祖母が岐阜県出身ということもあり、常に岐阜の地を「心のふるさと」としてきました。自身のエッセーでも「美しく濃いと書く、美濃という地名が好き」と語っています。
幼いころから書を学び、戦後に入り本格的に創作活動を再開しますが、その作品は既成の書道にとらわれない墨を使った抽象芸術へと移行していきます。1956年(昭和31年)から2年間、ニューヨークを拠点に全米をはじめヨーロッパ各地で個展を開催し、第2次世界大戦後、墨を使った抽象美術家としていち早く国際的に高い評価を受けた日本人芸術家の1人となりました。帰国後もレリーフ・壁画などの建築物に関わる大作を手がける一方、版画・題字・随筆などさまざまな分野に活動を広げていきました。多くの作品が、国内外の美術館や公共施設に収蔵されています。
桃紅は現在も国内外において個展を開催し、精力的に創作活動をおこなっています。

篠田桃紅年譜

  • 1913年
    ・3月28日、大連に生まれる
  • 1954年
    ・「日本現代書道展」(ニューヨーク近代美術館)
  • 1956年
    ・個展(養清堂画廊 東京)
    ・渡米、ニューヨークに滞在
  • 1958年
    ・個展(スエゾフ・ギャラリー ボストン)
    ・個展(アート・インスティチュート・オブ・シカゴ)
    ・個展(バーサ・ジャイファース・ギャラリー ニューヨーク)
    ・個展(タフト美術館 シンシナティ)
    ・個展(ギャラリー・ラ・ユーヌ パリ)  
  • 1961年
    ・「ピッツバーグ国際現代絵画彫刻展」(カーネギー・インスティチュート アメリカ)
    ・第6回サンパウロ・ビエンナーレ招待出品
  • 1965年
    ・国立京都国際会館の為にレリーフ≪展開≫と壁画≪出遇≫を制作
    ・個展(ベティ・パーソンズ・ギャラリー ニューヨーク)
     ※1968年、1971年、1977年にも開催
  • 1968年
    ・個展(フランネル・ギャラリー 東京)
  • 1973年
    ・「戦後美術の展開-抽象表現の多様化」展(東京国立近代美術館)
  • 1974年
    ・増上寺大本堂、ロビーの為に壁画を、道場の為に襖絵を制作(東京)
  • 1977年
    ・駐米日本大使館の為に壁画作成(ワシントン)
  • 1979年
    ・「岡田・篠田・津高-20世紀日本抽象絵画三人のパイオニア-」展
     (フィリップス・コレクション ワシントン以降アメリカ巡回)
    ・エッセイ集『墨いろ』出版(PHP研究所)
     第27回日本エッセイスト・クラブ賞受賞
  • 1983年
    ・「篠田桃紅書 守屋多々志画 小倉百人一首展」(三越本店 東京 以降国内巡回)
  • 1989年
    ・個展(西武アートフォーラム 東京)
  • 1992年
    ・回顧展「篠田桃紅 時のかたち」(岐阜県美術館)
    ・「書と絵画との熱き時代・1945-1969」((財)品川文化振興事業団0美術館 東京)
  • 1993年
    ・御所、御食堂の為に絵画を制作
    ・トールマン・コレクションによる回顧展「篠田桃紅-新たなる認識」(銀座三越 東京)
  • 1994年
    ・「戦後日本の前衛美術展」(横浜美術館、グッゲンハイム美術館、サンフランシスコ美術館)
  • 1995年
    ・「戦後文化の軌跡1945から1995」展(目黒区美術館 他巡回)
  • 1996年
    ・個展(シンガポール国立近代美術館)
  • 1997年
    ・個展(画廊光芳堂 岐阜)
  • 1998年
    ・個展(アネリー・ジュダ・ギャラリー、ロンドン)
    ・NHK BSスペシャル「墨いろに心を託して-抽象画家 篠田桃紅」放映
  • 1999年
    ・NHK総合「土曜美の朝 墨で描く心のかたち」放映
    ・東京文化会館の名称ロゴ制作
  • 2001年
    ・『桃紅 私というひとり』出版(世界文化社)
  • 2002年
    ・『桃紅えほん』出版(世界文化社)
  • 2003年
    ・個展(原美術館 東京)皇后陛下行啓
  • 2005年
    ・京都・迎賓館のプライベートルームのために作品制作
  • 2006年
    ・「世界の最も尊敬する日本人100人」(ニューズウイーク)に選出される
  • 2009年
    ・個展(ローマ日本文化館 ローマ)
  • 2010年
    ・「篠田桃紅 あゆみ」展(関市立篠田桃紅美術空間)天皇皇后両陛下行啓
  • 2012年
    ・個展(銀座三越8階ギャラリー)皇后陛下行啓
  • 2013年
    ・回顧展「篠田桃紅 桃の譜」(関市立篠田桃紅美術空間他)
    ・個展「百の記念 篠田桃紅の墨象」展(菊池寛実記念智美術館・東京)
    ・『桃紅百年』出版(世界文化社)
  • 2015年
    ・『103歳になってわかったこと 人生は1人でも面白い』出版(幻冬舎)
    ・NHK ETV特集「墨に導かれ 墨に惑わされ~美術家・篠田桃紅102歳~」放映

お問い合わせ

関市立篠田桃紅美術空間(市役所7階)
電話:0575-23-7756
関市協働推進部文化課(桜本町2丁目30番地1 文化会館内)
電話:0575-24-6455 ファクス:0575-24-6950

組織内ジャンル

協働推進部文化課(桜本町2丁目30-1 文化会館内)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?