ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

住まいでは

[2013年3月1日]

ID:1482

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

熱は住まいから逃げている!
家庭での省エネや二酸化炭素削減の効果は、「マイカーの使用抑制と燃費向上」と「住宅の断熱化や太陽熱温水器の利用」にあると言われています。
室内の熱は、天井、壁、床、窓などから約80%逃げています。住まいを断熱材で包んで冷暖房の効率を高め、太陽光を利用したエネルギーを活用しましょう。

住まいの熱

  • 外壁に断熱材を施す。
    グラスウールなどの断熱材を施すと、冷房にかかるエネルギーは約40%、暖房は約70%も節約できます。
  • 既設住宅に断熱設備を取りつける。ガラス窓の内側に断熱設備を取りつける。
    冬は厚手のカーテンをかける。
    畳のしたに断熱材を敷く。
    断熱効果のある壁紙を選ぶ。
    すき間風があれば目張りをする。
  • 夏場には風通しがよくなるよう、家の中に風の通り道をつくる。

代替エネルギー

  • 太陽光パネルで自家発電する。
  • 太陽熱温水装置を取りつけて、利用する。
  • 雨水をためる貯水槽をつけ、トイレの水洗などに利用する。

お問い合わせ

関市役所市民環境部環境課(北庁舎1階)

電話: 0575-23-7702

ファクス: 0575-23-7750

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

市民環境部環境課(北庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?