ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

入院時食事療養費の支給について

[2016年4月1日]

ID:1865

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 入院時の食事代は、下記の標準負担額までとなります。

 なお、住民税非課税世帯と低所得者Ⅰ、低所得者Ⅱの人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要となりますので、交付の申請してください。

※住民税非課税世帯と低所得者Ⅰ、低所得者Ⅱの人が、やむを得ず「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示ができず、一般の標準負担額を支払った時は申請することにより差額を支給します。

※区分については、高額療養費の所得区分を参照してください。

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)

●一般(下記以外の方)   360円(平成28年4月1日から)  *平成30年度~ 460円

●住民税非課税世帯及び低所得者Ⅱ
 過去12ヶ月の入院日数が90日までの入院  210円
 過去12ヶ月の入院日数が90日を越える入院  160円

●低所得者Ⅰ  100円

(注意)入院時の食事代は、高額療養費の対象とはなりません。

療養病床入院時の食費・居住費

65歳以上の人が療養病床に入院した時は、食費と居住費として定められた標準負担額を自己負担します。

  • 一般(下記以外の人)
     食費(1食あたり)  460円
     居住費(1日あたり)  320円
  • 住民税非課税世帯および低所得者Ⅱ
     食費(1食あたり)  210円
     居住費(1日あたり)  320円
  • 低所得者Ⅰ
     食費(1食あたり)  130円
     居住費(1日あたり)  320円

(注意)入院医療の必要性の高い状態が継続する患者および回復期リハビリテーション病棟に入院している患者については、「入院時食事代の標準負担額」と同額の食材料費相当を負担します。

お問い合わせ

関市役所市民環境部保険年金課(北庁舎1階)

電話: 0575-23-7701

ファクス: 0575-23-7739

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

市民環境部保険年金課(北庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?