ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

要介護認定等の申請について

[2018年9月7日]

ID:9083

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 個人番号制度開始に伴い、平成28年1月以降、介護保険給付の申請書等に個人番号を記載することが、法令に基づく義務になります。基本的には、申請者等に個人番号を記載してもらうことになりますが、申請者が高齢であることも鑑み、申請書受付時の対応は以下のようになります。
 なお、要介護認定等の資料提供に係る申請書については、個人番号を記載する必要はありません。

申請書受付時の対応

本人による申請の場合

本人の個人番号と本人確認書類の2つを確認します。

(1)番号確認

 個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写し等。これらが困難な場合は、保険者が確認します。

(2)本人確認

 個人番号カード、運転免許証等。これらが困難な場合は、介護保険被保険者証、負担割合証、健康保険証等2つの書類で確認します。

代理人による申請の場合

代理権、代理人の本人確認書類、申請者の個人番号の3つを確認します。

(1)代理権の確認

 申請者の介護保険被保険者証等。
※原本を提示してください。

(2)代理人の本人確認

 居宅介護支援専門員証、運転免許証、代理人の個人番号カード等。

(3)申請者の番号確認

 申請者の番号確認は、原則として、申請者の個人番号カード(又は写し)、申請者の通知カード(又は写し)、申請者の個人番号が記載された住民票の写し等。これらが困難な場合は、保険者で確認します。

使者による申請の場合

 介護保険要介護認定・要支援認定申請書と本人による申請の場合に必要なものの写しを封筒に入れて提出してください。また、この場合、使者は個人番号を確認しないようにしてください。

申請書

介護保険申請書様式(マイナンバー対応分)

留意事項

 事業所等で個人番号の記載された申請書等のコピーを保管しておく場合は、個人番号の記載箇所を黒塗りするなどして、個人番号を収集しないように注意してください。

お問い合わせ

関市役所健康福祉部(福祉事務所)高齢福祉課(南庁舎1階)

電話: 0575-23-7730

ファクス: 0575-23-7748

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

健康福祉部(福祉事務所)高齢福祉課(南庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?