ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

産後健康診査助成制度

[2018年4月1日]

ID:10831

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

関市産後ママサポート事業にて産後のママを応援します!

関市では出産後のお母さんと赤ちゃんが新しい生活をスムーズにスタートできるようお母さんのための「産後健康診査」や「産後ケア」に係る費用の一部を助成する事業をはじめました。

妊娠、出産、育児とお母さんの体と心は短期間に大きな変化がおこります。とくに、気分の落ち込みや不眠などがみられる「産後うつ病」は、出産後2か月ごろまでに発症することが多いです。

「気分がおちこんでつらい」 「眠れない」 ・・・ などの症状がありましたらひとりで悩まずに相談してください。

関市ではすべての赤ちゃんとお母さんに家庭訪問を行っています。生後1か月から2か月ころまでに保健師・助産師が連絡いたしますが、はやめの訪問をご希望の場合はご連絡ください。

産後健康診査助成制度

平成29年度より、産後うつを予防するために受診した産後健康診査に要した費用の一部を助成します。

対象

関市に住所を有する平成29年4月1日以降に出産した産婦で、健診受診日及び助成金申請時に関市に住所を有する方。

助成内容

  • 健診項目は、「問診」「身体所見」「産後うつについての確認」となります。
  • 産後2週間健診、産後4週間健診に要した費用のうち、1回につき上限5,000円を助成します。

助成方法

  1. 産後健康診査受診票は対象となられる方に順次ご案内を郵送します。平成29年4月1日以降に母子健康手帳の交付を受けられた方は、交付時にお渡しいたします。
  2.  助成を受けるためには、市が発行した「関市産後健康診査受診票」を使用してください。
    「関市産後健康診査受診票(産後2週間)」・・・退院後かつ出産後20日以内に使用してください。
    「関市産後健康診査受診票(産後4週間)」・・・出産後21~42日以内に使用してください。
  3. 健診受診日から6か月以内に各保健センターに申請してください。

申請時の持ち物

  • 関市産後健康診査受診票(結果が記入されたもの)
  • 領収書(健診料が明記されていること)
  • 産後健康診査費助成申請書
  • 産後健康診査費請求書
  • 申請者の口座番号がわかるもの(通帳など)
  • 母子健康手帳

※次の医療機関で受診された方は、検診費用から助成額を差し引いていますので、申請は必要ありません。

  • ひろレディースクリニック
  • 中濃厚生病院
  • 石原産婦人科
  • かとうマタニティークリニック
  • 長良医療センター
  • 操レディスホスピタル

注意事項

産後健康診査受診票を使用する際には以下のことに注意してください。

  1. 産後健康診査の健診料は医療機関によって異なります。そのため、健診料が公費負担助成額を上回る場合や、対象項目以外の検査をした場合は、自己負担が発生する場合がありますのでご注意ください。
  2. 産後健康診査の受診票を使用し助成を受ける場合は、すべての項目(「問診」「身体所見」「産後うつ確認項目」等)の受診が必要です。
  3. 「関市産後健康診査受診票(産後2週間)」は退院後かつ出産後20日以内に、「関市産後健康診査受診票(産後4週間)」は出産後21~42日以内に産婦本人が使用する場合に限り有効です。
  4. 産後健康診査の取り扱いのない医療機関もありますので、医療機関にお問い合わせください。
  5. 関市産後健康診査受診票を医療機関へ提出し受診をすることで、その結果について医療機関から関市へ報告することに同意するとみなします。
  6. 「関市産後健康診査受診票」は関市に住所を有する方しか使用できません。関市外へ転出された場合は転出先の市町村へおたずねください。

お問い合わせ

関市役所健康福祉部(福祉事務所)市民健康課(日ノ出町1丁目3-3 保健センター内)

電話: 0575-24-0111

ファクス: 0575-23-6757

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

健康福祉部(福祉事務所)市民健康課(日ノ出町1丁目3-3 保健センター内)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?