ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

国民年金保険料の免除・納付猶予申請について

[2018年5月7日]

ID:11742

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民年金保険料の免除・納付猶予申請をするとき

国民年金保険料の納付が経済的に困難な場合、国民年金保険料の納付を「免除」または「猶予」される制度があります。

※申請年度ごとに本人、配偶者および世帯主それぞれの所得状況を日本年金機構が審査し認定します。

※免除・納付猶予の申請年度は7月から翌年6月までです。

※申請年度の前年所得が審査対象となり、基準に応じて免除等区分が判定されます。

(例)全額免除となる所得の目安・・・・・{(扶養親族の数+1)×35万円}+22万円

また、前年分の所得申告が未申告の場合は却下となりますのでご注意ください。

※全額免除・一部免除となった期間は、老齢・障害・遺族基礎年金の受給資格期間および老齢基礎年金額の算定に含まれますが、全額納めた場合に比べて、受け取る年金額は減額されます。また、一部免除期間は、減額された残りの保険料を納めないと「未納」と同じ扱いとなります。

※納付猶予となった期間は、受給資格期間に含まれますが、猶予期間内に納付されないと老齢基礎年金額の算定には反映されません。

【必要なもの】

・年金手帳や日本年金機構からの郵送物など基礎年金番号がわかる書類

・本人以外の代理申請の場合は印鑑

・会社などを退職して失業を理由に申請される場合は、公共職業安定所(ハローワーク)が証明する離職の確認ができる書類を持参してください(特例認定に該当する場合があります)。

【申請窓口】

・保険年金課(北庁舎1階)

・各地域事務所

お問い合わせ

関市役所 市民環境部 保険年金課 年金係(北庁舎1階)
電話: 0575-23-6724 ファクス: 0575-23-7739

組織内ジャンル

市民環境部保険年金課(北庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?