ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

ハチの巣について

[2018年3月30日]

ID:12254

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ハチの巣にご注意ください。

ハチは5~6月くらいに巣をつくり始めます。春先には、家のまわりの点検を行い早めに発見するようにしましょう。

【点検場所】

庭木の枝、木の洞、換気口、床下通気口、軒下、天井裏、壁の中、テラス、生垣など



巣を発見したら

巣を発見したら近づかないようにしてください。ハチは巣を守る防衛本能が発達しているため、巣を刺激すると大群で襲ってきます。

また、ハチは植物の花粉を運んだり、ハエや毛虫などの害虫を餌とする益虫でもあります。高いところの巣など危険性がない場合は、むやみに駆除したりせずそのままにしておき、近寄らないようにしましょう。

玄関先や屋内などに巣を作られてしまい、どうしても駆除しなければならないときは専門の業者等に依頼することをお勧めします。

なお、ハチの巣は、巣がある場所の所有者または管理者に対応していただくことになります。(市ではハチの巣の駆除を実施していません。)

ハチに巣を作られたくないときは、営巣予防をしましょう。

家の節穴など、ハチに侵入されそうなところを補修しましょう。

5~6月頃にスズメバチ用ハチとり器(ハチトラップ)を設置するなどして営巣を予防しましょう。

【スズメバチ用ハチとり器の作り方】

(1)空のペットボトル(500㎖程度のもの)の上部に2cm×2cm程度の穴を開ける。

(2)(1)に「日本酒10、酢4、ハチミツ3」の割合で混合した誘引剤をペットボトルの3分の1程度入れる。

(3)ペットボトルのキャップ下のくぼみなどに紐を取り付け、軒下や木などハチの寄ってきそうなところに設置する。


【注意事項】

※ハチが寄ってくるため、人の出入りが激しいところに設置しないでください。

※子どもの手の届かない高さに設置しましょう。

※直射日光の当たる場所、雨水が入る場所は効果が薄れてしまうので避けてください。

※女王バチが巣を作る時期を過ぎたら取り外すようにしましょう。たくさんのハチが寄ってきてしまいます。


【スズメバチ用ハチとり器の処分】

容器にハチが満杯になったら、水分を捨てて厚手のビニール袋に入れて密封し、燃やせるごみとして処分してください。

お問い合わせ

関市役所市民環境部環境課(北庁舎1階)

電話: 0575-23-7702

ファクス: 0575-23-7750

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

市民環境部環境課(北庁舎1階)