ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

親・子・孫の3世代の同居を支援します!

[2018年5月9日]

ID:12355

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

3世代同居世帯奨励金

関市外から関市に転入し、親・子・孫の3世代で同居、または隣居(隣接する敷地に居住)を始める場合に奨励金を交付します。

奨励金の額

(1)3世代同居奨励事業             

 親または子の転入により3世代同居などになった場合

 5万円   

(2)リフォーム費用の助成事業

 3世代同居奨励事業の対象者が、住宅のリフォームをした場合                     

 住宅改修費の1/2(最大20万円)(1回のみ)を加算

 ※転入日の前後6か月以内に限ります

対象者

◎以下の条件をすべて満たす必要があります

1.  3世代世帯の親または子が平成30年4月1日から平成35年3月31日までに関市に転入し、

     転入前1年以内に関市に住民登録がないこと

2.  3世代世帯が同居または隣居(同一敷地内または隣接する敷地内に2棟以上の建物で居住)しており、

     同居または隣居を3年以上継続する見込みであること

3.  3世代世帯の孫が18歳未満であること

4.  対象住宅の所有権が、3世代世帯の構成員のいずれかの者の名義であること

5.  申請日が1.の転入日から6か月以内であること

6.  市税等の滞納がないこと

※リフォーム費用の助成事業が対象になる方は以下の7.から10.も該当すること

7.  住宅は、昭和56年6月1日以降に建築された住宅であること

8.  住宅は、関市内に個人が所有する住宅であること

  ただし、店舗などを兼ねる家屋である場合は、居住部分の面積が1/2以上であること

9.   リフォーム費用の支払い日が1.の転入日の前後6か月以内であること

10. 申請日が9.のリフォーム費用の支払日から6か月以内であること

申込方法

対象条件をすべて満たした日から6か月以内に、次の提出書類を関市企画広報課へ提出してください

提出書類

1.関市3世代同居世帯奨励金交付申請書(様式第1号)

2. 誓約書兼同意書(様式第2号)

3.3世代世帯全員の住民票の写し(本籍地・筆頭者、世帯主・続柄が記載されているもの)

4.建物の登記事項証明書の写し

※リフォーム費用の助成事業が対象になる場合は以下の5.6.も必要

5.リフォーム費用の領収書及びリフォームの内容がわかる書類(契約書、見積書など)

6.リフォーム箇所の工事前と工事後の写真

注意事項

1. SEKI ラ・ラ・ライフ応援金(別ウインドウで開く)と併せて交付することができます。

2.リフォーム費用の助成事業はリフォーム内容によって、対象にならない場合もあります。

お問い合わせ

関市役所 市長公室 企画広報課(北庁舎3階)
電話: 0575-23-9290 ファクス: 0575-23-7744

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?