ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

住宅の応急修理について(7月豪雨)

[2018年9月10日]

ID:12651

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「住宅の応急修理」

 〇「住宅の応急修理」とは

 平成30年7月豪雨により大規模半壊または半壊した住宅のうち、屋根、開口部、配管・配線、衛生設備等の日常生活に必要な最小限度の部分を災害救助法に基づき、国等の費用で応急修理を行う制度です。

<対象世帯>

1 大規模半壊、半壊の被害を受けたこと(市役所発行のり災証明書による)

2 応急修理の結果、引き続き居住が可能となること

<所得制限等>

半壊のみ、最新の世帯年収(収入)が500万円以下であること。ただし、世帯主の年齢や要援護世帯に当たる場合は金額が異なります。

<修理費用限度額>

一世帯あたり58万4千円。ただし、1戸に複数の世帯が居住の場合等は扱いが異なります。

<必要書類>

1 住宅の応急修理申込書

2 申出書(「半壊」の場合)

3 要配慮世帯であることが確認できる証明書(該当世帯で半壊の場合)

4 業者が発行した修理見積書

5 指定業者願書及び添付書類(市が指定する業者以外の場合)

6 修理前の被災箇所の写真(修理箇所すべて) 等

<申込期限>

平成31年1月5日に完了見込みとなるよう申し込みください。

※災害に便乗した悪徳事業者にご注意ください。

その他、詳細等は関市都市計画課(0575-23-7981)まで

お問い合わせ

関市役所基盤整備部都市計画課(北庁舎4階)

電話: 0575-23-7812

ファクス: 0575-23-7746

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

基盤整備部都市計画課(北庁舎4階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?