ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

関市のごみの量と減量化について

[2020年9月15日]

ID:11467

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年度ごみ削減目標値1,608トンを目指します!


【環境課からのコメント】
 7 月の収集量は可燃ごみが約1,263 トン、不燃ごみが約70 トン、粗大ごみが約7 トンで合計が約1,340 トンとなりました。
 今年は新型コロナウイルスの影響で、家の掃除をする人が多いため、昨年度よりごみの排出量が多くなっています。ごみと資源の分別やリユースショップを利用するなど、掃除をする時にもごみの減量を意識しましょう。

令和2年度ごみ削減目標値1,608トンを目指します!

 令和2年度は平成26年度比10%削減の目標年度であります。平成30年度、令和元年度では惜しくも7%削減を達成することはできませんでしたが、10%削減を目指して取り組んでいきましょう。
 関市では、令和元年5月からごみ分別アプリ「さんあ~る」でごみ収集カレンダーやごみの分別方法をご覧いただけるようになっています。ごみごとに捨て方を検索できるようにもなっていますので、資源となるものならないものをご確認いただき分別排出することで、ごみの減量にご協力ください。
 また、令和元年10月からリネットジャパンリサイクル株式会社と協定を締結し、小型家電の回収を宅配でも依頼できるようになりました。不要な小型家電を処分する際には、市役所等に設置してある回収ボックスとともにご利用ください。

ごみの減量に取り組みましょう

◆生ごみの減量

生ごみの減量化に向けて各種補助制度を設けています。

・しっかり取り組んでみたい方には…

生ごみたい肥化装置等購入補助金(別ウインドウで開く)

電気の力で生ごみを乾燥させる『電気式生ごみたい肥化装置』や、畑や庭で生ごみをたい肥にする『コンポスト』等に補助金を交付しています。


・初期費用は抑えつつも生ごみの減量に取り組んでみたい方には…

関市型ダンボールコンポスト「newグリーンダンボくん」(別ウインドウで開く)

  母材の入ったダンボール箱に生ごみを入れるとたい肥になります!

⇒ 生ごみ発酵促進剤購入補助金

  関市民の方が『ぼかし』や『ミノール酵素』を半額で購入できるよう取扱店に補助金を交付しています。


食品ロス削減

・宴会の初めの30分と終わりの10分は自分の席で料理を食べる。

・食べきれる量だけ注文する。

・冷蔵庫内の食材の消費期限をまめにチェックする。

身近なこともごみ減量化につながります。「もったいない」精神で食品の廃棄量を減らしていきましょう。

消費者庁が料理レシピサイト「クックパッド」に食材を無駄にしないレシピを掲載しています!

◆小型家電をリサイクル!

現在、市役所北庁舎1階・西部支所・板取事務所・洞戸事務所・武芸川事務所・武儀事務所・上之保事務所に小型家電回収ボックスを設置しています。

携帯電話やスマートフォン、ノートパソコン等を回収していますので是非ご利用ください。

 ⇒ 使用済小型家電リサイクルのページへ(別ウインドウで開く)

◆混ぜればごみ、分ければ資源

 関市では次の品目を資源ごみとして収集しています。

「カン類」「ビン類」「ペットボトル」「白色食品トレイ」

 スーパー等の店頭回収も積極的にご活用ください。

 また関市では令和2年4月から、紙類、古着の収集は終了となっております。

 紙類・古着については小・中学校PTAなどが実施する集団資源回収や民間の回収ボックスをご利用いただき、ごみ減量とリサイクルにご協力をお願いします。


お問い合わせ

関市役所市民環境部環境課(北庁舎1階)

電話: 0575-23-7702

ファクス: 0575-23-7750

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

市民環境部環境課(北庁舎1階)