ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

在宅高齢者紙おむつ購入助成事業

[2020年3月11日]

ID:13584

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

在宅高齢者紙おむつ購入助成事業

平成31年4月から制度改正により、手続き等が変更になります。

在宅で常時紙おむつを使用されている方の経済的負担を軽減するための事業です。

〇主な変更点

助成の対象者が「介護者」から「在宅高齢者本人」に変わります

申請は介護者や介護支援専門員(ケアマネージャー)が代行できますが、申請時に在宅高齢者本人の介護保険被保険者証の原本の提示が必要になります。

<助成対象者の要件>

次にあげる条件をすべて満たす65歳以上の在宅高齢者であること。

・関市に住所を有し、ねたきりまたは重度の認知症である。

・要介護認定において要介護3以上の認定を受けている。

・常時おむつを使用している。

※入院及び入所(ショートステイを含みます)の期間が8日以上ある月は対象となりません。

申請から交付までの時間が大幅に短縮されます

利用者負担(助成額の1割)が廃止になり、申請時に審査して助成券を交付します。

申請の回数が年度に1回となります

 年度を前期・後期に分けて交付していたところを、まとめて1度で交付します。

 ※1年分を1回の申請で受け取っていただくことができるようになります。

年間の助成額が変わります

年間の助成額が最大48,000円(1月当たり4,000円)になります。

 

 

〇申請について

  1. 助成対象者に該当される場合は、申請書に必要事項を記入、押印のうえ、申請してください。押印には、朱肉を使う印鑑を使用してください。
  2. 申請には、助成対象者の要件を満たすことの証明として、ケアマネージャーの署名及び押印が必要です。
  3. 申請の際に介護保険被保険者証の原本を提示してください。
  4. 申請と同時に審査し、購入助成券を交付します。
  5. 申請は関市役所高齢福祉課または各地域事務所で随時受け付けます。

〇購入助成券について

・購入助成券の交付枚数は、申請月等によって変わります。

・購入助成券は関市在宅高齢者紙おむつ購入助成事業協力機関でのみ使えます。

・死亡された場合など、助成対象者の要件から外れた場合は、購入助成券を高齢福祉課または各地域事務所までご返却ください。

〇ごみ袋について

・ごみ袋減免措置制度により、紙おむつ購入助成券の申請と同時にごみ袋の申請ができます。

・希望される場合は一般廃棄物処理手数料減免の申請を行っていただくと、年度で中サイズ60枚(または大サイズ36枚)を上限としてごみ袋を支給します。       

お問い合わせ

関市役所健康福祉部(福祉事務所)高齢福祉課(南庁舎1階)

電話: 0575-23-7730

ファクス: 0575-23-7748

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

健康福祉部(福祉事務所)高齢福祉課(南庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?