ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

市長のしあわせコラム(令和2年4月)

[2020年3月30日]

ID:15203

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

思考と行動

 このコラムを執筆している3 月中旬現在、新型コロナウイルス感染症は、まだ終息が見えてきません。
 3 月の「刃物のまち関シティマラソン」や4月の「関まつり」のイベントも、断腸の思いで中止しました。1日も早く平穏な日常と経済活動が元に戻ることを、心から祈る毎日です。
 これまで溢れるばかりの情報が、テレビやインターネット等で流れてきました。たとえば、「コロナウイルスはお湯で予防できる」というトンデモ情報がありましたし、マスクだけでなくトイレットペーパー等が品切れになる、というデマによって、数多くの人が買い占めに走りました。
 少し慎重にその論拠を調べれば、その情報がすぐにエセ情報やデマとわかることが多いと思いますが、半世紀近く前の石油危機の際のトイレットペーパー騒動と同じ混乱が、令和の時代でも起きました。
 感染症の歴史を少し調べてみると、紀元前のアテナイを感染症が襲ったときにはペロポネソス戦争の敵方のスパルタが「貯水池に毒を投げ込んだ」という噂が流れたり、14 世紀の黒死病ではユダヤ教徒の被害が少なかったとされたため、「ユダヤ教徒が井戸に毒を投げ込んだ」というデマが流れたり、19 世紀のコレラ蔓延時にはパリで「誰かが毒を投げ込んだ」という噂が出て毒殺犯人とみなされた人が殺害されたり・・・しかし、紀元前・14 世紀・19 世紀と比べて、これだけ誰でも簡単に情報を得ることができるようになった今日現在でも、人間の本質的な思考・行動原理は変わっていないことを痛感します。
 自戒を込めて書きますが、上辺だけのニュースや情報に踊らされ、軽佻浮薄(けいちょうふはく=考えや行動などが軽はずみで、浮ついているさま)な振る舞いをすることは慎みましょう。


新型コロナウイルス感染症に関する情報
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、市の施設閉館やイベント等の中止、その他関連する情報を市のホームページにて随時掲載しています。こちらをご覧ください。(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

関市役所市長公室企画広報課(北庁舎3階)

電話: 0575-23-7014

ファクス: 0575-23-7744

電話番号のかけ間違いにご注意ください!