ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

わかくさ老人福祉センター 新型コロナウイルス感染・まん延防止利用ガイダンス

[2020年6月10日]

ID:15487

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

わかくさ老人福祉センターの利用にあたっては、新型コロナウイルス感染・まん延防止に配慮するため、「三つの密」(「換気が悪い密閉空間」、「多人数が集まる密集場所」及び「間近で会話や発声をする密接場面」)を避けることを基本とします。なお、個別の取扱いについては以下に配慮してください。

また、今後の感染拡大状況に注意し、段階的に利用制限を解除または強化するものとします。

令和2年6月2日以降 【緊急事態宣言が解除後の2週間程度】

共通事項

開館時間 午前9時から午後4時まで

  • マスク着用の徹底。咳エチケットにご協力ください。
  • 手洗い、手指のアルコール消毒をこまめに行ってください。
  • 保養コーナー、談話室など施設内のこまめな換気にご協力ください。
  • 入館者カードに名前、住所、入館時間、体温の記入をお願いします。
  • 施設内への長時間にわたる滞在はご遠慮をお願います。
  • 施設内での食事は禁止します。ただし、熱中症対策のため、水分補給は制限しません。

わかくさの湯

各浴室とも一度に利用できる人数は6人までとします。

以下の方は入浴できません。
 ・感染症の方
 ・医師、家族の同意がない方
 ・酒気帯びされている方
 ・身体の調子が悪い方

保養コーナー

  • ヘルストロンの利用は一度に4人までとします。
  • 丸テーブルは1テーブル3人までとします。

談話室

  • 飛沫感染防止用ビニール衝立と養生テープで区切ったスペースで対戦してください。
  • 囲碁、将棋が利用できるのは4組(和室18畳)とします。競技者以外は距離を置いて観戦してください。

  • 碁盤・碁石、将棋盤・駒は除菌済みのものを使い、使用が済んだら、決められた場所に返却してください。除菌が済むまでは使用しないでください。

  • 使用・未使用を区別するため、使用済みの座布団は押入に入れないでください。

軽スポーツ室

プレー可能な卓球台は3台とし、入室できるのは12人(プレイヤー6人、順番待ち6人)までとします。

その後の状況を見て再開を検討する事項

談話室

県の休業要請が継続中のため、娯楽室(カラオケ)の再開は未定です。
  • 娯楽室に入室できる人数は最大10名までとします。
  • 一定の距離を保っての着座をお願いします。
  • 歌わない方や用事のない方は入室できません。
  • スタンドマイクを利用してください。消毒用エタノール等で拭き、消毒を行ってください。
  • 娯楽室の換気のため、正午から12時45分まではカラオケを休止して、空気を入れ替えます。
  • 午後2時以降は終了までに適宜15分程度の換気のための休憩を入れます。

わかくさカフェ

当面の間、休止します。

お問い合わせ

関市役所健康福祉部(福祉事務所)高齢福祉課(南庁舎1階)

電話: 0575-23-7730

ファクス: 0575-23-7748

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

健康福祉部(福祉事務所)高齢福祉課(南庁舎1階)