ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

関市移動支援事業の要綱改正について

[2020年8月1日]

ID:15696

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

移動支援がグループで利用できるようになりました。

関市移動支援事業は、単独で外出することが困難な障がい者や障がい児の方が外出する場合に、ヘルパーが付き添い移動の支援を行うサービスです。

今までは、利用者一人に対しヘルパーが一人付き添う個別支援型のみの提供でしたが、令和2年9月1日より、同一の目的地への移動支援を希望する利用者複数に対し、ヘルパーが利用者より少ない人数で行う、グループ支援型が可能となりました。

ただし、下記のとおり一定の条件があります。

 

グループ利用が認められる利用者とヘルパーの人数比率

利用者の人数をヘルパーの人数で割って得た値が、3未満の場合に利用可能です。

計算方法の例
 利用可能  利用者数÷ヘルパー人数<3 【例】利用者8人÷ヘルパー3人=2.66 
 利用不可  利用者数÷ヘルパー人数≧3【例】利用者9人÷ヘルパー3人=3 

また、ヘルパーの人数は2以上となります。

 

グループで利用するためには

移動支援を契約している事業所へ申し込みを行います。

ただし、このグループ支援型は、利用者と事業者の合意があって可能となります。事業者には、利用者全員の同意を得ることと、グループ支援計画を作成することが義務付けられます。

事業所によっては、申し込みをしても実施していない場合もありますのでご了承ください。

 

※グループ支援型については、事業者に実施義務は課していません。

 

利用者負担について

ひと月に利用したサービスの量にかかわらず、ご利用者本人(18歳未満の方は保護者)の所得状況に応じた月額負担上限額を超える負担は生じません(上限月額まではサービスの1割を負担)。

お問い合わせ

関市役所 健康福祉部(福祉事務所) 福祉政策課(南庁舎1階)
電話: 0575-23-9032 ファクス: 0575-23-7748

組織内ジャンル

健康福祉部(福祉事務所)福祉政策課(南庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?