ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    令和元年度関市橋梁点検結果の公表について

    • ID:15937

     橋梁など社会基盤施設の多くは、高度経済成長期に集中的に整備され、近年老朽化の進行が懸念されています。

    構造物の適正な維持管理が求められる中で、平成26年7月に道路法が改正され、5年に一度近接目視による点検が義務化されました。

     関市では、管理する橋長2m以上の890橋において、計画的に点検を進め、損傷や劣化の早期発見に努め、安全かつ快適な道路環境整備を図っております。

     令和元年度は、武儀・上之保地区を179橋の点検を実施しましたので、その結果を公表します。

    ※参考 

    国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所(別ウインドウで開く)


    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます