ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

商業統計(平成16年分)調査結果の概要(武儀郡)

[2013年3月1日]

ID:2806

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1 事業所数

洞戸村 38事業所(前回比、7.3%減、3事業所減)
板取村 25事業所(前回比、3.8%減、1事業所減)
武芸川町 50事業所(前回比、5.7%減、3事業所減)
武儀町 55事業所(前回比、1.8%減、1事業所減)
上之保村 33事業所(前回比、13.2%減、5事業所減)
郡計 201事業所(前回比、6.1%減、13事業所減)
※前回調査は平成14年実施

卸売業の郡計は19事業所、小売業の郡計は182事業所であった。
産業小分類別にみると、卸売業では「一般機械器具」が5事業所と最も多く、続いて「建築材料」4事業所、「食料・飲料」4事業所の順となっている。
小売業では「その他の飲食料品」が25事業所と最も多く、続いて「燃料」21事業所、「各種食料品」17事業所の順となっている。

武儀郡町村別事業所数構成比のグラフ

2 従業者数

洞戸村 156人(前回比、9.8%減、17人減)
板取村 60人(前回比、7.1%増、4人増)
武芸川町 279人(前回比、12.8%減、41人減)
武儀町 210人(前回比、7.7%増、15人増)
上之保村 83人(前回比、27.8%減、32人減)
郡計 788人(前回比、8.3%減、71人減)

卸売業の郡計は74人、小売業の郡計は714人であった。
産業小分類別にみると、卸売業では「一般機械器具」が24人と最も多く、続いて「他に分類されない卸売」19人、「食料・飲料」13人の順となっている。
小売業では「各種食料品」が136人と最も多く、続いて「書籍・文房具」125人、「その他の飲食料品」91人の順となっている。

3 年間商品販売額

洞戸村 106,207万円(前回比、9.0%減、10,511万円減)
板取村 55,928万円(前回比、9.3%減、5,762万円減)
武芸川町 562,298万円(前回比、3.6%減、21,057万円減)
武儀町 187,570万円(前回比、8.3%減、16,977万円減)
上之保村 91,034万円(前回比、30.9%減、40,657万円減)
郡計 1,003,037万円(前回比、8.6%減、94,964万円減)

卸売業の郡計は242,787万円、小売業の郡計は760,250万円であった。
産業小分類別にみると、卸売業では「他に分類されない卸売」が101,040万円と最も多く、続いて「自動車」X万円、「一般機械器具」40,707万円の順となっている。
小売業では「各種食料品」が230,541万円と最も多く、続いて「燃料」128,685万円、「自動車」107,753万円の順となっている。

お問い合わせ

関市役所市長公室行政情報課(北庁舎5階)

電話: 0575-23-8122

ファクス: 0575-23-1600

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

関連コンテンツ

商業統計(平成16年分)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?