ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

ため池浸水想定区域について

[2017年11月13日]

ID:11288

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ため池浸水想定区域について

区域図の利用方法

このため池浸水想定区域は、大地震や豪雨によりため池が被害を受けて、堤体が決壊した際の氾濫水が

到達する範囲と、到達時間を示したものです。

チェックポイント

ご自分の家や地域が浸水想定区域に入っているか確認してください。

避難について

立っていられない大きな地震の時

ため池に近い地区では、揺れが収まった直後(あるいは、揺れが長く続く場合には揺れている最中)に

氾濫した水が到達する場合もあります。立っていられないような強い揺れがあった場合には、できる限り

早く浸水想定区域の外に避難しましょう。

前が白くなるような大雨が続いたとき

強い雨が降っている場合には、河川の増水に加えて、ため池の堤体決壊による氾濫水も念頭において、

あらかじめ浸水想定区域の外に避難しましょう。

日ごろから準備をしておきましょう

住み慣れた家でも、いざ避難しようとすると慌ててしまがちです。いざというときに慌てないためにも、

避難方法や避難経路、避難場所を確認しておきましょう。

また、非常持ち出し用品、服、履物など、いつも取り出しやすい場所に保管しておきましょう。

注意!

実際に氾濫水の影響がある範囲は、ため池の状況、堤体の被害の程度、周辺の土地の状況等により

この区域図と異なる可能性があるため、より安全な場所へ早めに避難するように心がけてください。

ため池浸水想定区域図閲覧

お問い合わせ

関市役所産業経済部農林課(北庁舎2階)

電話: 0575-23-7705

ファクス: 0575-23-7741

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

産業経済部農林課(北庁舎2階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?