ページの先頭です
メニューの終端です。

岩門の滝・岩門不動明王夏の大祭

[2013年3月8日]

ID:685

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

岩門の滝

洞戸黒谷地区にある太郎兵衛山の中腹には、高さがおよそ20メートルもある滝があり、その滝の右側には、高さ10メートル、幅10メートル、奥行き7メートルの岩の門があります。このため滝は「岩門の滝」と呼ばれています。

鎌倉時代の後期、岩の門の下に不動明王が祀られ、「岩門の滝」に打たれて修行に励むことが盛んに行われました。江戸時代になると高賀山系に集まる修験者たちの数も少なくなりましたが、その頃から「岩門の滝」周辺は、修行よりもむしろ物見遊山の場所として知られるようになりました。
現在も毎月8日、18日、28日には参拝者の姿が見られ、県外から訪れる人や滝に打たれて願をかける人もいます。

滝のそばにあるお堂には、不動明王がまつられています。この不動明王は、昔この近くの鉱山に行き来していた人たちによってまつられたといわれています。今は、8月18日の縁日に、黒谷地区の人々によって不動まつりが行われており、滝の水には薬効があるといわれ、商売繁盛のため持ち帰る人もいます。

岩門不動明王夏の大祭

開催日時

毎年8月16日 午後1時から

アクセス

  • 国道256号線沿い関市洞戸事務所より約10分
  • 東海北陸自動車道美濃インターより約20分

駐車場

大野林道片側に駐車できます。そこから徒歩20分程度です。

お問い合わせ

関市 洞戸事務所
電話: 0581-58-2111 ファクス: 0581-58-2241

組織内ジャンル

協働推進部洞戸事務所(地域事務所)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?