ページの先頭です
メニューの終端です。

関市の民具

[2017年6月27日]

ID:5401

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

民具とは

 民具とは、おおよそ江戸時代後期から昭和までの時代に庶民の間で使われていた道具のことをいいます。

 関市では武芸川民俗資料館、ふるさと民具室で見ることができます。家族のふれあいや昔を懐かしむためなどさまざまな目的に是非ご利用ください。

 また、文化財保護センターでは、関市内の小中学校を対象に民具の貸出し事業も行なっていますので授業などにご利用いただけます。

武芸川民俗資料館

 衣食住に関するする生活道具や農業、紙漉き、養蚕などの産業に使われた道具など、現在では利用されなくなったさまざまな道具が展示されています。

 実際にこの当時の暮らしを体験したことのある方から道具の使い方をまったく知らない子どもたちまで、それぞれの楽しみ方があります。

 

この建物は武芸川の標準的農家を再現して建てたものです。
場所 武芸川町跡部779(パターゴルフ場正面)
電話 0575-46-1345(パターゴルフ場)

ふるさと民具室

 関市文化会館の3階にあります。通常は施錠してありますので、ご希望される場合は文化会館事務所まで問い合わせてください。

 ふるさと民具室のページへ(別ウインドウで開く)

民具の貸出事業

 以下の民具について貸出しを実施しています。貸出しの申込みやお問い合わせは文化財保護センターまで。

※貸出しの対象は関市内の小中学校に限ります。

石臼

しょいかご

洗たく板

羽釜

糸車

はかり

しょいこ

湯たんぽ

民具借用申請書

お問い合わせ

関市教育委員会 文化課 文化財保護センター
〒501-2695 関市武芸川町八幡1446番地1
電話:0575-45-0500 ファクス:0575-46-1221

組織内ジャンル

協働推進部文化課(桜本町2丁目30-1 文化会館内)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?