ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

関の観光・文化

あしあと

    関市子ども文化事業【俳句の部】

    • ID:19380

    関市子ども文化事業とは

    21世紀を担う子どもたちの豊かな心と感性を育むため、豊かな自然に恵まれた日本の真ん中「岐阜県関市」から俳句・木の造形作品を通して全国へ魅力を発信するコンクールを開催します。

    俳句の部

    【参加者募集】親子俳句ワークショップ 

    俳聖・松尾芭蕉の弟子となり、俳句の道に精進し活躍した「広瀬惟然」。
    そんな惟然が晩年を過ごした弁慶庵(惟然記念館)で、世界に一つだけの俳句フォトフレームを作るワークショップを開催します。

    日時|6月1日(土曜日)10時~12時

    場所|弁慶庵(惟然記念館) 西日吉町50-1

    対象|市内小学生と保護者

    定員|7組(抽選)

    費用|無料

    持ち物|筆記用具、飲み物

    申込|5月24日(月曜日)までにリンク(別ウインドウで開く)から申込
       当選した方にのみメールにてお知らせします。

    親子俳句教室(令和5年度開催) ※募集は終了しました

    俳句講師と市内の史跡や公園を散策しながら、俳句づくりを行う講座です。令和5年度は第1回目を弥勒寺で開催しました。

    また、第2回目は関善光寺で「親子」教室として開催します。

    日時|3月9日(土曜日)10時~12時30分

    場所|関善光寺(西日吉町35)

    対象|市内小学生と保護者

    定員|9組(抽選)

    費用|無料

    申込|終了しました

    第12回 ぎふ・関 全国子ども俳句コンクール(令和6年度開催)

    本コンクールは、「全国子ども木の造形作品コンクール」と隔年で開催しています。

    関市は日本のほぼ真ん中に位置し、豊かな自然に恵まれた地であること、俳聖・松尾芭蕉の高弟「広瀬惟然」生誕の地でもあることから、全国の児童生徒を対象に2001年から俳句作品を募集しています。

    2009年開催の第5回大会より、シドニーオリンピック金メダリスト・高橋尚子さん(飛騨・美濃観光大使、国民栄誉賞受賞)を特別審査員に迎え、コンクールを開催しています。

    全国各地から、たくさんのご応募お待ちしております。

    第12回大会の応募はこちらから(別ウインドウで開く)

    出前俳句講座

    市内小中学校からの依頼を受けて、学校に講師が出向いて俳句指導を行う講座です。

    令和6年度も派遣申込みを受け付けしています。なお、講師派遣時期は10月末とさせていただきます。

    令和5年度実績

    依頼学校数|7校

    派遣講師数|46人

    受講生徒数|1,019人

     

    お問合せ

    関市子ども文化事業実行委員会

    〒501-3232 岐阜県関市桜本町2-30-1
    関市協働推進部文化課内
    電話 0575-24-6455  ファクス 0575-24-6950


    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます