ページの先頭です
メニューの終端です。

関鍛冶伝承館

[2021年10月1日]

ID:1558

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

関鍛冶伝承館概要

関鍛冶伝承館

古来より関に伝わる匠の技を、映像・資料・展示により紹介しています。
関鍛冶の歴史や刀装具など、貴重な資料を公開。刀剣展示室には、関を代表する刀工、兼元や兼定の日本刀などが展示されています。2階では、ハサミや包丁など近現代の刃物製品や、カスタムナイフ作家のナイフコレクションのほか、国内外のナイフ作家の作品を一堂に展示。

主な展示内容

1階 刀剣展示室、関鍛冶の歴史資料、刀匠・刀剣技能師の実演場、映像紹介など
2階 刀剣企画展、ナイフコレクションの展示など

古式日本刀鍛錬及び外装技術の公開

古式日本刀鍛錬

○公開日についてはこちらをご覧ください … 古式日本刀鍛錬一般公開日(別ウインドウで開く)

入館料

伝承館入館料

・大人     300円  (250円)

・高校生   200円  (150円)

・小中学生  100円  (50円)     ※(   )は団体料金 20人以上

※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は、受付にてご提示ください。本人と付添いの方1名が無料となります。 

※伝承館入館料は、特別展開催などにより変更になる場合があります。詳しくは事前に関鍛冶伝承館までお問合せください。

 

鍛錬見学料

・大人    300円

・高校生   200円

・小中学生 100円

※打ち初め式、刃物まつりは無料となります。

 

【三館セット券についてのお知らせ】

※三館セット券 500円 (関鍛冶伝承館・関市円空館・関市立篠田桃紅美術空間)をお持ちの方は、2027年3月31日までにご使用ください。

開館時間

午前9時~午後4時30分(午後4時までにご入館ください)

休館日

毎週火曜日・祝日の翌日(いずれも休日を除く)・年末年始

関鍛冶伝承館の書籍販売

関鍛冶や刀剣に関する書籍を販売しています。

詳しくはこちらをご覧ください。関鍛冶伝承館の書籍販売(別ウインドウで開く)

【新型コロナウイルス対策】入館に際してのお願い

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご入館に際して、以下の事項にご協力お願いいたします。

・ご入館の際、体温を測らせていただきます。

・手指の消毒にご協力ください。※入口に消毒液を設置しております。

・マスクの着用をお願いします。

・館内での会話は最小限にお願いします。

・館内での長時間の滞在はご遠慮ください。

・混雑時は入場制限を行う場合があります。

※以下のお客様は、ご入館をお断りさせていただきます。

1.発熱(体温37.5℃以上)や咳、くしゃみ、鼻水など風邪の症状があるお客様や、体調がすぐれないお客様。また、ご家庭や職場など身近に新型コロナウイルス感染症の感染者、もしくは感染の可能性のある方がいらっしゃるお客様。

2.マスク非着用のお客様。

3.その他、見学する場合の密集・密接・密閉・衛生対策が守れないお客様。

アクセス

  • 長良川鉄道・刃物会館前駅から徒歩約5分
  • 東海北陸自動車道・関インターから車で約10分
  • 東海環状自動車道・富加関インターから車で約15分

お問い合わせ

関鍛冶伝承館 関市南春日町9番地1
電話: 0575-23-3825
関市 産業経済部 観光課
電話: 0575-23-7704 ファクス: 0575-23-7741

組織内ジャンル

産業経済部観光課(北庁舎2階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?