ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

セアカゴケグモにご注意ください

[2019年6月17日]

ID:13281

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

セアカゴケグモにご注意ください

「セアカゴケグモ」は県内で相次いで生息が確認されており、すでに定着されていると考えられますので、ご注意ください。

【発見状況】  平成27年6月19日  長良川サービスエリア地内

          令和元年6月12日    関市墓地公園内 

セアカゴケグモとは

セアカゴケグモは外国から入ってきた特定外来生物です。 

メスは毒を持っていますが、攻撃性は少なく、驚かせたりしない限り人を噛むことはありません。

特徴

メス(毒を持っている) : 体長が約7~10ミリで腹部が丸く、全体が光沢のある黒色をしており、腹部背面に赤色の縦すじ模様があります。

オス : 体長が約4~5ミリで腹部が細く、茶褐色をしています。

県内で発見されたセアカゴケグモ(メス)体長約1cm

生息場所の例

・排水口の側面やふたの裏

・花壇まわりのブロックのくぼみや穴、プランターと壁とのすき間

・墓石の花立と線香立ての間や、巻き石などのすき間

・自動販売機の裏、クーラー室外機の裏、浄化槽ブロアーカバーの内部などの、人工的な熱源の周り

・廃タイヤの内側、コンクリート製台座の裏側

・遊具やベンチの裏

噛まれた場合の症状

・噛まれると、はじめはチクリと針で刺したような痛みを感じます。

・やがて噛まれた部分のまわりが腫れて赤くなります。痛みはしだいに全身に広がります。

・脱力、頭痛、筋肉痛、不眠などの症状が数週間継続することがあります。

・重症例では、進行性の筋肉麻痺が生じます。

*通常は、数日から数ヶ月で回復する例が多く、重症になることはほとんどありませんが、子どもや高齢者の方は危険な場合もありますので注意が必要です。 

噛まれた場合の対応

・万が一クモにかまれたら、患部を温水や石鹸水で洗います。

・できるだけ早く最寄りの病院を受診してください。可能であれば、噛んだクモを殺して持参してください。適切な治療につながります。

防除方法

・ 靴で踏みつぶすか、市販の家庭用殺虫剤を直接吹きかけることで駆除できます。

・ 清掃や花壇の手入れなど屋外で作業するときは、軍手などを着用します。

・ 生息しそうな場所に普段から注意し、クモの巣がはらないようにこまめに清掃します。

関連情報

組織内ジャンル

市民環境部環境課(北庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?