ページの先頭です
関市
メニューの終端です。
FAQ

戸籍とは?戸籍謄本と戸籍抄本はどう違うのですか?

[2013年4月24日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

回答

■戸籍とは
日本国民が出生してから死亡するまでの身分関係(出生、婚姻、死亡、親族関係など)を登録し、公に証明するための公簿です。現在の戸籍は一組の夫婦と姓を同じくする未婚の子を単位につくられています。
戸籍は戸籍法に基づく届出により記録され、本籍地の市区町村役場に保管されています。
戸籍謄本や抄本が必要な場合は、本籍地の市区町村役場に請求してください。
戸籍には「本籍」「筆頭者氏名」、同じ戸籍に記録されている者の「名」「生年月日」「父、母の氏名」「出生地」「婚姻日」などが記録されています。

■本籍と筆頭者
戸籍は、「本籍」と「筆頭者氏名」で表示されます。

【本籍とは】
・戸籍の所在場所のことです。その戸籍ができた時点での実際の地番または住居表示の街区番号まで(○丁目○番まで。○号の表示はありません)で表示します
・本籍と住所は一致している場合もありますが、全く別のものです。居住している証明が必要な場合は、住民票をおとりください

【筆頭者とは】
・戸籍の1番最初に記載してある人のことです。筆頭者は死亡しても変わりません
・婚姻の際に、夫の氏を名乗ることとした場合は夫が、妻の氏を名乗ることとした場合は妻が戸籍の筆頭者となります

■戸籍謄本と戸籍抄本

【戸籍謄本】
戸籍簿に記録されている全員について証明したものです。現在のコンピュータ化後の戸籍では「戸籍全部事項証明」といいます。
【戸籍抄本】
戸籍に記録されている一部の人について証明したものです。現在のコンピュータ化後の戸籍では「戸籍個人事項証明」といいます。

お問い合わせ

関市役所市民環境部市民課(北庁舎1階)

電話: 0575-23-7700

ファックス: 0575-21-0479

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

市民環境部市民課(北庁舎1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?