ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

出前講座(市民) 「篆刻・篆書」

[2014年1月14日]

ID:1838

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講座メニュー

No.市民035
文字・篆刻

氏名・団体名

ヒラタ ランセキ
平田 蘭石
男性

講座時間

約120分

内容

講話、文字(漢字)の変遷。文字は古代メソポタミア、古代オリエント、古代エジプト、中国殷の時代より象形文字が始る。殊に殷墟より発掘された占文字(甲骨)~楷書までの変遷。
体験(実技)篆刻芸術は中国宋の時代から始まり、多くの賢者が教養の一部とし始る。物を刻る心、書く心は人間の僻であり、内面的向上、文化向上につながる。

対象者

どなたでも

学習者が用意するもの

材料実費(対象者により異なります)

交通費

必要

備考

講話、体験(実技)子ども、成人などそれぞれ異なり、講座の内容を1ヵ月前にお知らせください。

手続き方法

生涯学習課に電話、または直接お越しください。
登録者に確認後、連絡先などの情報を提供します。

お問い合わせ

関市役所協働推進部生涯学習課(わかくさ・プラザ 学習情報館1階)

電話: 0575-23-7777

ファクス: 0575-23-7778

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

協働推進部生涯学習課(わかくさ・プラザ 学習情報館1階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?