ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

住民票などへの旧氏(旧姓)の併記

[2019年11月19日]

ID:14740

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住民票、マイナンバーカード等への旧氏(旧姓)併記

住民票、個人番号カード(マイナンバーカード)旧氏(旧姓)を併記することができます。

旧氏とは

その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載されています。

住民票等に記載できる旧氏

  • 旧氏を初めて併記する場合には、過去の氏の中から一つを選んで記載できます。

※一度併記した旧氏は、その後婚姻等により氏が変更されても引き続き併記され続けます。また、他市町村に引越しをした場合でもそのまま引き継がれます。

  • 氏が変更した場合には、現在の氏の直前に称していた氏へのみ変更が可能です。
  • 旧氏の削除はできますが、原則再併記はできません。その後氏に変更が生じた場合に限り、削除後に新たに生じた旧氏の中から一つを選んで再び併記することができます。

旧氏を併記するには

住民票に旧氏を併記するための請求手続が必要になります。
住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。

旧氏併記の対象

  • 住民票
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)(署名用電子証明書を含む。)

届出ができる人

  • 本人(日本国籍の人)
本人以外(代理人)が届け出るときは、委任状が必要です。

受付窓口

  • 市民課(本庁舎)
  • 洞戸事務所
  • 板取事務所
  • 武芸川事務所
  • 武儀事務所
  • 上之保事務所
  • 西部支所

受付日時

月曜日から金曜日まで (祝日、年末年始を除く。)
午前8時30分から午後5時15分まで

受付窓口、受付日時、休日開庁などの詳しいことは、受付窓口と各種手続き(市民課)でご確認ください。


必要なもの

  • 窓口に来る人の本人確認書類
  • 戸籍謄本等(併記したい旧氏から現在の氏までが記載されたもの全て)
  • 個人番号カード
  • 委任状(代理人が届け出る場合)


旧姓(旧氏)が併記できます

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

関市役所市民環境部市民課(北庁舎1階)

電話: 0575-23-7700

ファクス: 0575-21-0479

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

市民環境部市民課(北庁舎1階)