ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

林業安全装備等の購入補助について

[2022年4月18日]

ID:18183

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

林業安全装備等の購入経費の一部を補助します

   関市では、市民の自助による里山整備を促進し、新たな林業の担い手の発掘と森林整備に携わる方の安全向上を図るため、チェーンソーをはじめとして防護チャップス、林業用ヘルメット、防振手袋、防護ブーツ等の林業安全装備の購入に対して補助金を交付します。

   ただし、チェーンソーを用いた伐木は大変危険な作業となりますので、林業従事者でなくても、「伐木等の業務(チェーンソー)に係る特別教育」を受講されている方を対象としています。 ※修了証の写しが必要です。

 特別講習を受けていない方は、講習費用の一部を補助(1万円)しますので、チェーンソーや林業安全装備の購入に併せて受講していただくことになります。

交付の条件

  補助金の交付を受けるためには、次の要件をすべて満たす必要があります。

 1 「伐木等の業務(チェーンソー)にかかる特別教育」を受けていること。

 2  市内の店舗でチェーンソーや林業安全装備を購入する方

 3  市内に0.1ヘクタール(1,000平米)以上の森林を所有している方や管理する森林がある方。所有者から管理を任されている森林がある場合は、森林管理委託証明書(別記様式第2号)の提出が必要です。

 4  本市の住民基本台帳に記録されている方

 5   市に納付する歳入金(市税、水道料金、下水道使用料等)の滞納がない方

 6   この補助金の交付を受けてから5年以上経過していること。(申請者が属する世帯員を含みます。)

 

※伐木等の業務(チェーンソー)に係る特別教育とは

  労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)第36条第8号の業務に係る労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第59条第3項に規定する特別教育をいいます。県内では、岐阜市または大垣市にて受講できます。

    講習代23,870円~25,000円程度(R4.4現在)

交付対象経費と補助金

 補助金額は、チェーンソーや林業安全装備を購入に係る経費で、交付対象経費の1/2に相当する額(100円未満の端数は切り捨て)で、次の区分に応じて種類毎に限度額があります。

 

 1 林業安全装備の購入費  上限6万円

 林業用ヘルメット、保護眼鏡、チェーンソー防護ズボン、チェーンソー防護チャップス、防振手袋、チェーンソー防護ブーツ(つま先を防護する機能があるもの)、安全地下足袋(足の甲を防護する機能があるもの)、すね当て、手斧、くさび、ハンマー、けん引具(手動式のもの)、ファン付き作業服

 2 チェーンソーの購入費   上限4万円

   チェーンソー、目立て工具   

 3 伐木等の業務(チェーンソー)に係る特別教育の講習費 1万円 ※未受講者に限ります。

提出書類

  関市林業安全装備購入等事業補助金交付申請書(別記様式第1号)にご記入のうえ、関係書類を添えて農林課または

各地域事務所へ提出してください。

  関係書類

 1  購入費用の内訳が記載された見積書の写し

 2  仕様及び規格がわかる書類の写し

 3  所有または管理する森林の位置図

 4  戸籍簿謄本等 ※森林所有者の相続人で、所有権登記をしていない場合

 5  森林管理委託証明書(別記様式第2号) ※所有者から森林の管理を委託されている場合

        

 特別講習の受講のみの場合は,1,2の提出は不要です。

補助金交付までの流れ

 1 申請書(別記様式第1号)に関係書類を添えて提出

 2 交付決定通知書を受領  ※変更がある場合は変更等承認申請書(別記様式第4号)の提出

 3 チェーンソー・林業安全装備の購入、特別講習の受講 

 4 実績報告書(別記様式第6号)に領収書及び特別教育の修了証の写し、物品写真を添えて提出

 5 指定口座に入金

その他

   この補助事業で購入したチェーンソーや林業安全装備は、補助金交付の日から6年を経過する日までは売買や譲渡等ができません。ただし、あらかじめ関市林業安全装備購入等事業財産処分承認申請書(別記様式第8号)を市長に申請し、承認を受けた場合はこの限りではありません。

   その他、ご不明な点は農林課林政係までお問い合わせください。

お問い合わせ

関市役所 産業経済部 農林課林政係(北庁舎2階)
電話: 0575-23-9251 ファクス: 0575-23-7741

組織内ジャンル

産業経済部農林課(北庁舎2階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?