ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    ウォーカブル勉強会について

    • ID:20798

    居⼼地が良く歩きたくなるまちなかを目指して

     関市では、立地適正化計画(令和6年3月改定)の将来都市像「にぎわい・つながりのある 歩いて楽しいまち」の実現に向け、市街地中心部である本町通り界隈に多くの人が「行ってみたい」、「関わってみたい」と感じる魅力的なエリアにするため、遊歩道整備や古民家あいせき、本町ネクストなどの拠点整備を進めてまいりました。今後は、誰もが居心地良く、歩きたくなる「ウォーカブル」なまちづくりを目指し、道路空間を含めた公共空間の利活用を図り、車中心から人中心のまちなかへ転換することが必要です。

     この度、本町1丁目から8丁目の商店街エリアを対象に、ウォーカブルの先進事例の共有や将来ビジョンの策定、実現に向けた取組、検証を行う勉強会を開催します。

    第3回ウォーカブル勉強会のご案内

    日時:令和6年5月21日(火曜日)午後7時から

    場所:本町BASE(関市本町6丁目4-1)

    内容:

    (1)愛知県岡崎市の取組紹介(講師:岡崎市まちづくり推進課 小林 氏)

    (2)生活社会実験に向けて

    (3)今後の予定

    対象:地域住民やウォーカブルなまちづくりに興味のある方

    備考:オンラインでの参加も可能です。オンライン参加をご希望される方は、都市計画課(0575-23-6734)までご連絡ください。


    これまでの勉強会について

    第2回ウォーカブル勉強会

    ・日 時:令和 6 年 5 月 9 日(木) 午後7時から午後8時30分

    ・場所:本町BASE( Web 併用)

    ・内容:広島県竹原市のウォーカブルビジョン策定過程や社会実験の取組事例について紹介、市都市計画課から今年度実施する生活社会実験の計画について情報共有を行った。

    第1回ウォーカブル勉強会

    ・日 時:令和 6 年 4 月 22 日(月) 午後7時から午後8時30分

    ・場所:古民家あいせき( Web 併用)

    ・内容:国土交通省道路局の髙濱企画専門官が国内外の先進事例を踏まえた都市・道路行政の取組を紹介、市都市計画課から市街地中心部の取組について報告を行った。

    (参考)ウォーカブル推進都市

     ウォーカブル推進都市とは、国土交通省が取り組む「居心地が良く歩きたくなるまちなか」の形成を目指し、国内外の先進事例などの情報共有や、政策づくりに向けた国と地方とのプラットフォームに参加し、ウォーカブルなまちづくりを共に推進する自治体のことです。

     関市は、令和元年から”WEDO”の考え方に共鳴し、政策実施のパートナーとして、ともに具体的な取組を進めています。(令和6年3月31日時点で全国372都市)

     詳しくは、国土交通省のウォーカブルポータルサイト(別ウインドウで開く)をご覧ください。



    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます