ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    関市地球温暖化対策実行計画

    • ID:16963

    関市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

    地球温暖化とは、人々のくらしや企業の事業活動に伴って発生する、二酸化炭素をはじめとする「温室効果ガス」が増加し、地球の平均気温が上昇することをいいます。これにより、異常気象が頻発したり、海面が上昇し高潮や洪水が発生したり、健康への影響が出たりと、地球規模でのさまざまな影響が懸念されています。 

    関市では、関市環境基本計画の施策のひとつである「地球環境の保全」に掲げている基本的施策「地球温暖化対策の推進」を担う計画であり、市における地球温暖化対策の強化と普及を図ります。

    計画の目的

    本計画に基づいて、温室効果ガス排出量の削減目標の実現に向けてさまざまな取り組みを行うことにより、市民や市内事業者の取り組みを促し、地球温暖化対策の推進を図ることを目的とします。


    計画の期間及び見直し予定時期

    計画期間は2017年度から2030年度までの14年間です。

    計画期間の中間にあたる2023年度に見直しを予定します。

    温室効果ガス削減目標

    2030年度までに2016年度比で32.5%削減を目指します。

    (中間目標は2023年度までに2016年度比で16.3%削減)

    目標に向けた取組(抜粋)

    《職員の取り組み》

    ・空調・照明・OA機器など不要な時は電源を切り、節電に努めます。

    ・エコドライブの徹底(急発進、急加速、急停止などの抑制)。

    ・徒歩移動、相乗り等自動車使用回数を減らします。

    ・階段を利用し、エレベーターの使用を減らします。

    ・分別ボックス等による分別の徹底と資源化。

    ・使用済み封筒を庁内メール便等での利用します。


    《職場の取り組み》

    ・コピー機を1~5分程度で節電モードになるように設定。

    ・低燃費・低排出ガス車を導入します。

    ・ノー残業デーの徹底(毎週水曜日)。

    ・不要な備品の情報提供により、他部署での活用を図ります。


    《施設・設備の省エネ化》

    ・施設の新設、改修時において、省エネ化を検討します。

    ・LED照明機器、節電型OA機器等を導入します。

    ・太陽光発電システム等の再生可能エネルギーを活用します。



    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます