ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    高齢者補聴器購入費助成事業

    • ID:19692

      高齢者のコミュニケーションの確保と、聴力低下による閉じこもりを防止し、社会参加意欲の向上を図るため、補聴器の購入費用の一部を助成します。

    助成対象者

     65歳以上の関市民で、次の要件をすべて満たす人

    ・両耳の聴力レベルが40㏈以上70㏈未満で、身体障害者手帳の交付対象とならない人

    ・医師から補聴器の装用が必要と判断された人

     (補聴器の購入前に必ず耳鼻科へご相談ください。)                    

    ・労働者災害補償保険法、その他の法令の規定に基づき補聴器の購入に要する費用の助成対象とならない人

    ・市またはその他の助成等を受けて補聴器を購入した場合は、補聴器を購入した日の翌日から起算し5年を経過している人

    ・市民税非課税世帯に属する人

    ・市税等、市に納付すべき歳入金を滞納していない人

     

     

     

    助成金額

      補聴器の購入に要する費用の2分の1以内の額(1,000円未満の端数があるときは切り捨て)、40,000円を限度とします。

     

    申請

      助成を受けたい人は、「関市高齢者補聴器購入費助成金交付申請書」に次の書類を添付し、市役所高齢福祉課、または地域事務所(西部支所を除く。)に提出してください。

    ※補聴器の購入前に申請が必要です。

    ・医師意見書

    ・補聴器の見積書の写し

    ・同意書(同一世帯に属する人が2人以上いる場合)

    ・同一世帯に属する人の市町村民税の額が確認できる書類(関市で確認できない場合)

     

     

    助成金の交付

      交付申請書を受領後、審査し、交付決定通知書を送付しますので、決定通知書を受領後、補聴器を購入し、「関市高齢者補聴器購入費助成金交付請求書」に補聴器の領収書の写しを添付し、提出してください。 

    請求書受領後、3週間程で、指定の口座に助成金を振り込みます。

    ※交付決定の通知を受けた後、申請内容を変更する場合又は補聴器の購入を中止する場合は、「関市高齢者補聴器購入費用助成金交付申請変更等承認申請書」の提出が必要です。


    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます