ページの先頭です
関市
メニューの終端です。

骨髄移植手術などにより定期予防接種の効果が期待できない方へ

[2018年9月5日]

ID:12948

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

骨髄移植手術などにより定期予防接種の効果が期待できない方へ任意予防接種の費用を助成します

骨髄移植手術等により、それまでに受けた定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断され、任意で予防接種を再接種する方に対して、経済的負担の軽減および感染症予防のため、再接種にかかる費用を助成します。

対象者

次の1~3のいずれにも該当する人

1 骨髄移植手術その他の理由により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること。

2 再度の予防接種を受ける日及び申請の日の両日において、関市内に住所を有し20歳未満であること。

3 接種済みの定期予防接種の接種回数及び接種間隔が、予防接種実施規則の規定によるものであること。

 

対象となる予防接種

(1)予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病にかかるものであること。

(2)使用するワクチンが予防接種実施規則の規定によるものであること。

※定期接種年齢内時点で未接種であったワクチンの接種は、対象外です。

※以下のワクチンには、接種年齢に上限があります。

 

再接種時の年齢制限
ワクチン BCG 小児用肺炎球菌 ヒブ 四種混合 その他 
 年齢 4歳未満6歳未満 10歳未満15歳未満20歳未満

助成金額

予防接種に要した費用

※ただし、関市の同一予防接種の委託料単価を上限とします。

手続きの流れ

事前申請が必要となりますので、助成を希望される方は担当課へご連絡ください。

1.助成金の交付申請

(提出書類)

・関市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付申請書(様式1号)

・特別の理由による任意予防接種費用助成に関する理由書(様式第2号) ※医師による意見書

・母子健康手帳または当該履歴が確認できるものの写し

関市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付申請書

特別の理由による任意予防接種費用助成に関する理由書

2.市から助成金交付(不交付)決定通知書を送付

 書類の受理から通知書の送付までには1週間程度かかります。

3.医療機関で再接種

全額自己負担で医療機関へ支払い、領収書を保管してください。

4.予防接種費用助成金交付請求書の提出

(提出書類)

・関市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付請求書

・領収書(原本)

・予防接種を受けたことがわかるもの(予診票の写し、母子健康手帳、予防接種済証)

 

関市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付請求書

5.助成金の交付決定後、指定口座へ振り込み

お問い合わせ

関市役所健康福祉部(福祉事務所)市民健康課(日ノ出町1丁目3-3 保健センター内)

電話: 0575-24-0111

ファクス: 0575-23-6757

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?